蓮の花

【言葉に心をのせる】

蓮の花は、真水や澄んだ水だと小さな花をつける。

一方、泥水の濃度が濃ければ濃いほど大輪の花を咲かせると言います。

我々人間に置き換えてみれば、

真水や澄んだ水というのは、

ぬるま湯状態や過保護状態。

一方、泥水とは、

厳しい状況や状態。

そして、そんな状況や状態に身を置くことであり、

自分の心持とも言い換えてもいいかもしれません。

筋肉に例えると分かりやすいですね。

負荷をかけずにいれば、歩くことさえままならなくなりますし、

適度な負荷をかければ、その状態を維持することは出来ますし、

より負荷をかければ、さらに隆々な状態にすることも出来ます。

 

自分の哲学や思想と合わないからすべてを拒絶するのでは、

今までと何も変わらない。

少し立ち止まって、

その哲学や思想の背景となっているものを

感じてみるのもいいかもしれませんね。

自分が今まで受け入れてこなかった哲学や思想の中にこそ、

より一層、自分にかけられる負荷の存在があるかもしれません。

 

元来、人間の心って弱いもので、

楽な方、より楽な方に流されて、

自分への負荷って避けがちです。

大方の人間って、変化を極端に嫌がります。

昨日と同じが楽ですからね。

世界に一つだけの花という歌がありましたが、

人それぞれが自分の花をどういう風に咲かせるか、

それはその人次第です。

花を咲かせる、咲かせない、

花が小さい、大きい、

花が綺麗、きれいじゃない

どんな花をどういう風に咲かせるかの自由が、

各個人それぞれに与えられています。

自由があるということは、

そこには、自分への責任も存在します。

他人が介在することなど出来ません。

あくまで、

自分が自分をどう表現したいか!

すべて自分次第です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です