行動して得るもの、行動せず失うもの

【言葉に心をのせる】

行動して得るものは、実感できる!

行動せず失うものは、実感できない!

 

例えば、

野球でヒットを打った。

ゴロをさばいてアウトにした。

フライを取った。

サッカーでゴールを決めた。

味方にパスを繋げた。

相手のボールを奪った。

受験に合格した。

『成功体験』

 

野球で三振した。

ゴロをはじいてエラーをした。

フライを落とした。

サッカーで、相手にボールを奪われてしまった。

受験に落ちた。

『失敗体験』

 

積極的に行動して得たものは、

『成功経験』だろううが『失敗体験』だろううが、

行動した結果が出て、実感が出来ます。

そこから何を得、何に気付き、

それを次にどう繋げていくかは本人次第ですが。

 

反対に、行動をしないと

『成功体験』も『失敗体験』すらも出来ず、

残念ながら、失ったことにすら気づきません。

 

但し、やみくもに行動すればよいわけではないです。

行動を躊躇することやためらうことってたくさんあると思います。

その中には、

イヤな感じがするとか、

何かもやもや感があるとか、

人間が元々持っている潜在的無意識が、

何かのシグナルを伝えてくるものもあります。

自分は、そういうものやことには手をつけにようにしています。

そうじゃなければ、行動することをお勧めします!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です