自分の心が指針となる

【言葉に心を乗せる】

自分の心が、自分の進むべき道を教えてくれる。

 

ただ、歩けばいいんじゃない。

下ばかり見ていたら、

前からやって来るチャンスにも、

まして危険にも気づかない。

目をしっかりと開けてなければ、

前に進んでいるのか、

後ろに下がっているのかも分からない。

でも、霞んで何も前が見えない時には、

目を閉じて、

心の目で感じてみよう。

そうすれば、周りが見えなくっている時も、

何が正しくて、何を信じていけばいいか教えてくれる。

他でもない、自分の心が。

自分の進むべき道だ、

迷ったら、

自分の心に聞くのが一番だ。

軽く目を閉じて、心を静かに保ち、

自分の進むべき道を知っている自分の心とアクセスし、

その心の声に耳を傾ける。

その声が聞こえたら、

それを信じて歩んでいこう!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です